運動のパフォーマンスを高めたい方へ

流体力学を活用したボディケアFBT®︎をご存じない方は、まずはこちらをご覧ください。

このページでは運動のパフォーマンスを高めるためのFBT®︎活用法をご紹介します。

弾力性がない筋肉:運動のパフォーマンス低下の原因①

筋肉の弾力性が低下すると運動のパフォーマンス低下の原因となります。

ここで筋肉の弾力性を理解するために、輪ゴムを例にして考えてみます。

輪ゴムは伸ばした量に比例して力が強くなり、伸ばした量だけエネルギーが蓄えられる特徴があります。

これは一般的にフックの法則と呼ばれる現象で、弾力性のある材料の特徴です。

筋肉に弾力性がある状態とは、筋肉が伸ばした量に比例して力が強くなり、伸ばした量だけエネルギーが蓄えられる筋肉の状態です。

輪ゴムは古くなり劣化すると弾力性が低下し、いくら伸ばしても弱い力しか働かず、さらにはエネルギーも蓄えられず、最終的に壊れてしまうことがあります。

筋肉も同様で弾力性が低下すると弱い力しか働かなくなります。

特にムチのようなしなる動きから強い力を働かせるような動作では、筋肉の弾力性が重要な要素になります。

筋肉の弾力性は、疲労の蓄積や加齢などによる毛細血管内の血行不良が原因で低下することがあります。

そのため毛細血管内の血行を促進させることで筋肉の弾力性が向上し、運動のパフォーマンスを高めることができます。

故障の治療後に残った”しこり”:運動のパフォーマンス低下の原因②

故障の治療後に残った”しこり”は運動のパフォーマンス低下の原因となります。

ここで”しこり”の特性を理解するために、金属材料を例にして考えてみます。

金属材料は引っ張ったり曲げたりした時に、材料の内部が変形してしまうことがあります。

力を取り除いた後も材料の内部が変形している状態は、材料の内部に力が働いている状態でもあります。

これを工学の世界では残留応力と呼びます。残留応力は材料の内部に働く力を不均一にし、材料を壊れやすい状態にします。

筋肉の”しこり”は筋肉の内部が変形し力を取り除いた後も筋肉の内部に力が働いている状態です。

この筋肉の残留応力は、筋肉の内部に働く力を不均一にし、筋肉を故障しやすい状態にし、さらには動きの連動性に悪影響を及ぼします。

そのため筋肉の”しこり”を取り除くことで、故障しづらい体になり、動きの連動性が高まるため、運動のパフォーマンスを高めることができます。

力んでしまう筋肉の状態:運動のパフォーマンス低下の原因③

力んでしまう筋肉の状態は運動のパフォーマンス低下の原因となります。

ここで力んでしまう筋肉の状態を理解するために、高層マンションの全部屋の電気スイッチを管理している状況を例にして考えてみます。

1部屋の電気をつけるために1部屋用のスイッチを押すと全部屋の電気がついてしまいました。

この原因を考えると、電気の配線がおかしいか、全部屋用のスイッチを押してしまったか、どちらかだと考えられるはずです。

力んでしまう筋肉の状態とは、ある1箇所の筋肉に力を入れると、全ての筋肉に力が入ってしまう状態です。

この原因は1箇所の筋肉を動かすと他の筋肉も自動的に動く状態になっているか(電気の配線がおかしいか)、全ての筋肉に力が入るという指令を出しているか(全部屋用のスイッチを押してしまったのか)のどちらかだと考えられます。

前者(1箇所の筋肉を動かすと他の筋肉も自動的に動く状態)の場合は、血行不良などで筋膜が癒着していたり、隣り合う筋肉の弾力性や硬さに違いがある(筋肉バランスが乱れている)ことが原因として考えられます。

また後者(全ての筋肉に力が入るという指令を出している)の場合は、筋肉の動かし方に関する技術が低いことが原因だと考えられます。

前者の場合には、血行促進により筋膜の癒着を解消したり、隣り合う筋肉の弾力性や硬さの違いを均一にすることで、力んでしまう筋肉の状態を改善でき、運動のパフォーマンスを高めることができます。

また後者の場合には、筋肉の動かし方を専門とするトレーナーに技術を教えて頂くことで力みを改善でき、運動のパフォーマンスを高めることができます。

筋肉バランスの乱れ:運動のパフォーマンス低下の原因④

筋肉バランスの乱れは運動のパフォーマンス低下の原因となります。体内では多くの筋肉が骨に付着し相互に引っ張り合うことで、骨を一定の位置に保っています。

運動する際に力を入れる筋肉(主導筋)と力を抜くべき筋肉(拮抗筋)の弾力性や硬さに違いがあると、その違いの分だけ抵抗となり、重りを背負っているような状態になります。

運動のパフォーマンス低下の原因①から③でご説明したように筋肉の弾力性、しこり、筋膜の癒着の改善は、運動のパフォーマンスを高める要素となります。

しかしある特定の筋肉の弾力性、しこり、筋膜の癒着の改善を行ったところで、力の釣り合いを保つ筋肉同士(主導筋と拮抗筋)、隣り合う筋肉同士、力が伝達される筋肉同士の筋肉の状態が違うと、動きの連動性を低下させ、力の伝達効率も低下させます。

また競技によって理想のフォームに適した筋肉バランスが異なっており、適していない筋肉バランスでトレーニングを続けると局所的な負荷がかかりやすく故障の原因になります。

各筋肉間相互の弾力性、しこり、筋膜の癒着の状態を均一に揃えることで筋肉バランスが整い、運動のパフォーマンスを高めることができます。

ただしこの筋肉バランスの最適化は、競技によって、または個人によっても最適な状態が異なるため、まずはご自身にとって最適な筋肉バランスを把握し、その状態を保てるように調整することが重要です。

FBT®︎を活用して運動のパフォーマンスを高める

FBT®︎は弾力性がない筋肉の改善、故障の治療後に残った”しこり”の解消ができます。

また力んでしまう筋肉状態(筋膜の癒着)の改善、動きのパフォーマンスが最大化される筋肉バランスへの調整が可能です。

お悩みを抱えている方は、FBT®︎にご相談ください。

FBT®︎メール会員にご登録ください

FBT®︎は千葉県千葉市内の店舗にてサービスを提供しています。

コロナウイルス感染症が落ち着き次第、遠方への出張も検討しています。

FBT®︎にご興味ある方は、まずはFBT®︎メール会員にご登録ください。

FBT®︎メール会員にご登録いただき、FBT®︎に興味を持った理由をお教えいただくと、FBT®︎の割引クーポンが発行されます。

また随時お得なキャンペーン情報を配信しますので、ご興味ある方はFBT®︎メール会員にご登録ください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました